むかご日記

フランス大学院留学中。2021年夏〜エクス・アン・プロヴァンス政治学院、2022年夏〜パリ政治学院(予定)。

渡仏23週目 春学期のはじまり

渡仏23週目 1月17〜23日

f:id:mukago3:20220124071818j:image

今週から春学期が始まる。だというのに、先週のオリエンテーション期間に毎日パーティーしていた留学生たちから、Covid-19陽性になった、授業に行けない、最近会ったひとは検査よろしく、とWhatsAppグループへの投稿が続々。100名強のうち、日月火で10人以上が陽性判明したとのこと。

私はパーティーとは無縁の生活をしていたので粛々と登校。授業の半分は前学期の続き、残り半分は新しく履修。

月曜朝一、8時から始まったのが「非人間動物と政策理論」。チリの大学からの客員講師による応用倫理学の講義。倫理学を勉強する機会ってこれまでなくて、しかもこれは動物関連。ベジタリアンやビーガンってフランスでは多いけど、日本ではまだ一部の特殊な人しか関わっていない印象があったので、これを機会にそのあたりの勉強もしてみたい。倫理学を動物権利の観点から学べて、しかもどのように政策に組み込まれてるかまで射程に入っている。ということで、英語なのがネック(今いるエクス・アン・プロヴァンス政治学院ではフランス語の授業のみにしたかった)だけど履修することに。

英国で教育を受けてチリで教鞭をとっているからか、政治学院の先生とは全く違う講義スタイルが新鮮。具体例がたくさん、対話っぽい形式、いわゆるプレゼンパワポ(他の先生は、パワポは使わないか、図表を映すだけ)。

月曜に始まり、火曜、木曜とすでに3回。今のところは動物の権利についての理論の展開を追っている。

理論と現実があまりにかけ離れている分野って消化するのが難しい。例えば、日本語の参考書を探していて見つけたこちらのリンク。

shinsho-plus.shueisha.co.jp

動物倫理学についての本を書いた哲学・倫理学者が、このリンクでこんなことを言っている。

それから、ペット、コンパニオン動物の反出生主義について。僕も、これを理論的にはこうなるだろうっていうことで書いてるわけです。けれども、結論的には、未来の人に任せますとしている。絶対ペットをなくさなきゃ駄目だとは言ってない。その最大の動機は自分がペットを飼っているからです。僕は猫を飼っていて、ものすごく猫好きなんですよね。

 だから反発をする人の気持ちはよくわかります。犬や猫はちゃんとした人間に飼われれば、幸せな状態でいるわけです。それでいいんじゃないかっていうのもわかるんだけども、やっぱり本に書いた通り、ペットはその運命も存在もすべてを飼い主に握られてる。そして、たいていの飼い主から大事に育てられるけれども、中には虐待されちゃうのもいるわけですよ。理論的には、極めて依存的な存在としてちょっとどうなのかと。

この方は、理論的には動物をペットとして飼うことは批判の対象になるとした上で、現状は猫を飼っている。理論と現実が乖離した状態があり、その状態が必ずしも否定的に捉えられていない(「結論的には、未来の人に任せます」)。そういう分野を学ぶのは初めてなので、混乱する。とりあえず、この対談のもとになっている本「はじめての動物倫理学」は、電子書籍があったので買って読み始めた。

www.amazon.co.jp

授業は面白いが、いつも朝一、日の出前で氷点下。コロナ対策と言って2時間ずっと窓を開け放しているので、とてつもなく寒い。どれだけ厚着をしてもパソコンでノートを取る指先が凍える。マイナス2℃の苦行。

日曜、この日だけはいつも賑やかな通りも静か。窓際で過ごしていると、少しずつ太陽が昇り正面の建物に日差しが降りてくる。

f:id:mukago3:20220124071806j:imageすべて世はこともなし。ただ牡蠣フライが食べたい。

渡仏22週目の覚書 読書、ガレット・デ・ロワ

渡仏22週目 1月10〜16日

1月12日はセール開始。

f:id:mukago3:20220116220236j:image

1月のフランスといえばガレット・デ・ロワ。元は公現祭のときに食べるお菓子だったけれど今では1月いっぱい、どこのパン屋さん、ケーキ屋さんでも売っている。日本にいたときも、フランス系のケーキ屋さんでガレット・デ・ロワをホールで買って、友達と食べる集まりをしていた。

ガレット・デ・ロワといえばやっぱりホールを切り分けて食べるものだし、一切れだけ買って食べるなんて風情がないよね、今年は食べそびれるかな、そもそもフランスでは一切れでは売っていないし、と思っていた。

そしたら、よく行くケーキ屋さん(カフェとパン・オ・ショコラで朝食が定番)で小サイズの一人前ガレット・デ・ロワを発見!つい、パン・オ・ショコラの代わりに朝ごはんに頼んでしまった。

f:id:mukago3:20220116220341j:imageどっしりしているので半分は持ち帰りに。

春学期からの留学生は今週がオリエンテーション。週の初めには大きなスーツケースを引っ張る学生がたくさんいて、新学期が近いことを感じる。どの授業を履修するか、シラバスとカレンダーを睨めっこして候補を決めていく。

合間にはモンペリエで入手した本を読み進める。日本語訳も出ていた。

www.kinokuniya.co.jp

単語や表現は難しいのもあるけど、文章全体としてはひねりがないので読みやすい。

渡仏21週目の覚書 レポート提出とワクチン3回目接種

渡仏21週目 1月3〜9日

年明けは、5日〆の比較政治学のレポートから始まった。昨年内にproblématiqueとplan détailléを作るところまではできたので、あとは足りないところをガリガリ書いていく。まずはざっと日本語で書いて、翻訳ソフト(DeepL)でフランス語にし、言い回しや単語を修正したり、フランス語を書き足したり削ったりしていく。2000-3000字くらいのレポートだと修正に丸一日か二日はかかる。

4日の昼間には日本の家族とZoomで新年会。両親、姉弟、姪っ子、皆元気そう。

4日深夜に添削のためのオンラインフランス語レッスンを予約したので、それまでに書き終える。指摘されたところを修正し、仮眠をとる。

5日、最後にもう一度見直して提出。シャワーを浴びてスーパーに水やジュースなどを買い出しにいき、午後、予約をしていた3回目のワクチン接種へ。1、2回目の接種記録を持たずに行って、記録がないと受け付けられない(フランスの社会保障番号をまだ持っていないため)と言われて出直すというハプニングもあったけど、その日のうちに接種完了。8月末と9月頭に1、2回目の接種をしに行ったときと比べるとずいぶん接種待ちの人が多い。前は5〜10分(+接種後15分待機)くらいで終わったのが、今回は3、40分は待った。

1、2回目はファイザーだったので3回目はモデルナを選択。接種数時間後からの腕の痛みに加えて、翌日の6日明け方から37℃台の熱。37℃台後半から38℃台前半を行ったり来たりしたけど、7日朝には熱は引いてすっきり。

12月後半からずっと家を離れて誰かと一緒で、その後すぐレポートとワクチンで疲れたのか、週末は家から出る気になれず。掃除したり、ブッフ・ブルギニョン(牛肉の赤ワイン煮込み)をコトコト作ったりしてのんびり過ごす。

この1週間、はじめて一枚も写真を取らなかった。

渡仏20週目の覚書 モンペリエでの年越し

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

渡仏20週目 12月27日〜1月2日

f:id:mukago3:20220103214431j:imageクリスマスに引き続き、モンペリエにある、高校の時の交換留学のホストマザー宅で過ごしている。ホストマザーが、Youtubeで坦々麺のレシピを見たから作ってみたい、しかもベジタリアンバージョンで、と言う。ごまペーストと豆乳、赤味噌、お豆腐があったのでお昼に作ってみた。肉味噌はお豆腐、ねぎ、マッシュルームをみじん切りにしたので代用。あっさり目の坦々麺風スープパスタができた。美味しい、今度ベジタリアンの息子が来たときに作ってみる、と言ってくれたので嬉しい。

それから、お味噌を買ったはいいものの使い方がわからない、と言うので、夜は簡単にネギのお味噌汁を作る。こちらもベジタリアンバージョンなのでお出汁なしでどうかと思ったけどちゃんと美味しくできた。

近くに住んでいるホストマザーの娘もベジタリアン坦々麺を食べてみたいと言うので、翌日は彼女の家で振る舞う。

f:id:mukago3:20220103214650j:imageレバノンやトルコ、ウズベキスタンの料理でおもてなししてくれて私の方がすっかりご馳走になった。彼女は30過ぎまでなかなか収入を得られず苦労していたけど、ここ数年でクリエイターとして食べていけるようになったらしい。部屋のインテリアにもセンスが表れていて、とても可愛く居心地が良い。

f:id:mukago3:20220103214718j:image部屋の模様替えをしたいと言うので手伝いに行ったらお礼にお茶をご馳走してくれた。

f:id:mukago3:20220103214828j:imageロッコ風。

合間にはレポートを少しずつ進める。なかなか苦しいけどようやく形になってきた。

晦日はホストマザーとその娘と3人で、知り合いのやっているベトナム料理レストランへ。前菜はフォアグラとサーモン、年越しそばの代わりにフォー。

f:id:mukago3:20220103214851j:image夕方から深い霧がかかってきて不思議な雰囲気に。

f:id:mukago3:20220103214901j:image日本では新年に歳神様がやってくると言うけど、本当に霧に紛れて何かがやってきそう。

1月1日は朝一番の電車でエクス・アン・プロヴァンスに戻る。2週間ぶりの我が家は無事、出てきたままの状態でホッとする。泥棒とか水漏れとか少し心配していたので、何事もなくて良かった。

渡仏からあっという間の5ヶ月。次の5ヶ月でエクス・アン・プロヴァンス政治学院での2学期間も終わってしまう。今年前半の目標は、充実した学生生活と、2022年後半に向けた準備。

渡仏19週目の覚書 クリスマスと良い知らせ

渡仏19週目 12月20〜26日🎄

f:id:mukago3:20211227190723j:image週の前半は、留学生仲間に会いに、クリスマスマーケット文化の根付くアルザス地方へ。友達との合流前に良さそうな酒屋さんを探して回る。

f:id:mukago3:20211227190556j:imageふと入ったこちらの一軒、品揃えが好みにピッタリで店員さんの提案も良い感じだったのでとりあえずアルザス自然派白を一本購入。その後も毎日通うほど気に入った。後からジブリの「ハウルの動く城」のモデルになった建物だと知って驚く。

f:id:mukago3:20211227190624j:image2年ぶりに会う友人たちとホットワインで乾杯。ホットワインはクリスマスの時期にヨーロッパに来た時にしか飲まないので思い出深い。大学生の頃のオーストリア旅行、仕事を始めてからのスイス出張...

f:id:mukago3:20211227190842j:image昼間はストラスブールとその近辺の小さな街を巡り、夜はAirbnbで借り切ったアパートでパーティー。知り合ってそれなりに長いけど、こんなに親密な時間を過ごしたのは初めて。再会を約束してそれぞれ帰路につく。

私は、高校生の頃のフランスに交換留学していたホストマザーのいるモンペリエへ。22日夜にアルザスからモンペリエに到着し、翌23日にはホストマザーの実家があるピレネー山脈の麓の村へ。

f:id:mukago3:20211227190907j:image

f:id:mukago3:20211227190953j:imageこの村にも高校生の頃から定期的に訪れている。近くに鉱山があった頃に開村、鉱山の閉鎖以来徐々に人口は減り続け、今は300人も住んでいない。

f:id:mukago3:20211227191007j:imageそれでもホストマザーの息子の一人はこの村に戻ってきて畑やチーズ作りなどしながらミュージシャンと音楽の先生をしている。

24日、昼間はクリスマスのご馳走の買い出しと準備。夜、8時半からは村の教会のミサに参加。

f:id:mukago3:20211227191025j:imageホストマザー一家はクリスチャンじゃないけど、ミュージシャンの息子がミサで演奏を担当するので出席するとのこと。列席者は40人にも満たないくらい、村の専属の牧師さんはいなくて近くの町から来てくれるこぢんまりとしたミサ。ちなみにスペインとの国境近くのこの村で伝統的に話されるのは、フランス語ではなくカタルーニャ語。だから讃美歌も所々カタルーニャ語になる。その後みんなでラクレットを食べ、ワインを飲み、プレゼント交換。靴下、ワイングッズ、ティーカップをもらった。フランスの家庭で過ごすクリスマスが久しぶりすぎたのと、直前まで誰が参加するのか分からなくて、プレゼントを渡すよりもらう方が多かった。痛恨のミス...!!

25日、この日のランチがクリスマスのメインディッシュ。

f:id:mukago3:20211227191040j:image海老、雲丹、牡蠣、マテ貝、ビュロ貝といった海の幸から、キャビア、フォアグラなどの前菜がテーブルいっぱいに並び、メインは七面鳥の栗煮込みアスパラガス添え。牡蠣の殻を剥くのは去年亡くなったお爺ちゃんの役目だったので、今年は誰も剥ける人がいない、とのことで張り切って20個くらいあったの全部剥いていく。

f:id:mukago3:20211227191245j:image手のひらに収まらないくらい大きな雲丹は殻が硬くて悪戦苦闘。

午後一番は柿の収穫。

f:id:mukago3:20211227191251j:imageこちらでポピュラーな柿(そのままkakiって呼ばれてる)は渋柿なので、とろとろになるまで熟してから食べる。太陽の下、汗をかきながら150個くらい収穫。

その後、さらに山に入ったところにあるSt. Thomasの温泉(le bain chaud)に連れて行ってもらう。

f:id:mukago3:20211227191304j:imageサウナなども併設されていて水着着用の、いわゆるヨーロッパのスパ温泉。たっぷり2時間満喫。近くにはle bain sauvage(自然の露天風呂。川の一部に温泉が湧き出ている。)もあるらしい。行ってみたい...!!

26日、午前中に山からモンペリエへ戻ってくる。帰路、日本の家族から、弟夫婦に子供ができたとの嬉しい知らせ。お祝いは何を贈ろうかな!

渡仏18週目の覚書 試験終了

渡仏18週目 12月13〜19日

f:id:mukago3:20211220030932j:image12月13日からはテスト期間。

月曜と火曜は図書館やカフェで授業のノートをまとめ直したり、想定問を作って回答を考えたり。隙間時間には来年の夏に何するか悩んだり。語学学校に行くか、インターンをするか。インターンをするなら
1 これまでの職務経験を活かして伝手のある国際機関:普通の留学生だとインターンするのも難しいようなところで経験を積めるのは貴重。一方でこのまま仕事を続けていればいずれ国際機関に派遣される可能性も高く、それなら今は違う場所に行くべき?
2 シンクタンクやコンサル:情報通信政策やアジア情勢の分析をしているようなところでインターンをしてみるのも興味がある。伝手はないのでとにかくCVとモチベーションレターを作って送るしかなく、打率は低そうだしギリギリまで決まらないと焦るだろうな、というのが想像できる。
3 分野関係なく小規模団体・会社:インターンをする目的を、職務と関連する分野での経験を積むことではなくフランス人の間で働くことに置くなら、分野を問わずなるべく人間関係の濃そうなところが良いかもしれない。
とりあえず大学の留学生担当者にインターンについて相談してみたら、インターン担当者がいるとのこと。そこからインターン仲介プラットフォームと、困った時の相談先を教えてもらったので、年明けにでも登録や応募など始めてみよう。

さて、試験。水曜の「フランス政治」は留学生向けだけど一定のフランス語力を求められる授業で、三時間の筆記試験。シャルル・ド・ゴール第四共和政の末期に全権委任と憲法改正(=第五共和政の発足)を求めて国民投票にかけた時の演説(だと思う)抜粋が提示されて、それにコメントせよ、というもの。授業は第五共和政全体を俯瞰する内容だったので、ド・ゴール政権のみに焦点を当てるのは違うかなと思って、「大統領権限の強化」と「大統領権の低減」の2部構成で、時間軸に沿って政治体制の変遷をまとめてみた。うまく問題提起できなかったのが心残り。

木曜の「メディアと社会」はフランス人学生と共通。学部2年生の必須講義らしく、200人くらいは受講していた。今学期の中ではこれが一番理解が難しかったけど、全10回の講義のうち、テスト範囲は実質7回分ということでなんとか復習する。唯一の口頭試験で、どう進むのかと緊張していたら、その場で題「デジタル時代のジャーナリズム」を与えられて5分で準備、5分で話す、ということで体感一瞬で終了。この授業を履修している留学生10人弱で作ったWhatsAppグループがあって、すっごい心配性の子から、何とかなるよーどうしてどんなに心配するの?という気楽な子までいてやりとりが面白かった。

金曜の「フランス文化と社会」は留学生向けのゆるーーーい授業だったので試験も気楽に受けに行った。

金曜午前中に最後のテストが終わり、解放感に満ちた清々しい気分で掃除を頑張ったら、1ヶ月くらい前に買ったリーデルのワイングラスを割ってしまう。

f:id:mukago3:20211220031053j:imageショックで掃除を切り上げ買い物へ。クリスマスに会う予定の人にプレゼントを買う。高級ジャムの詰め合わせ。初めてのお店に入るのは久しぶりだったので「どこから来たの?日本?この夏からフランスに?フランス語すごく上手いね!」というやりとりも久しぶり。ここから馴染みになると、初対面の定番のやりとり以上をする語学力がまだまだなことに相手も気づく…

土曜日は掃除の続きや洗濯。家に洗濯機がなくてコインランドリーに行くので、乾燥の時間も合わせると一時間半くらいかかり、私にとっては大仕事。あと一つ残っているレポート課題の参考資料を借りようと学校の図書館に行くと、もうクリスマス休暇で閉館。がっかり。

f:id:mukago3:20211220030401j:image少し残った食材を使い切って夕飯を作り、珍しい感じのオレンジワインを飲んで就寝。

f:id:mukago3:20211220030905j:image日曜、早起きをして荷造りしたらフランス国内旅行に出発!COVID-19感染拡大でもロックダウンはしない方針ということで、電車も満席。日本にいたら感染者がずっと少ない状況でも旅行は控えているだろうに、今はそれほど抵抗感なく長距離移動しているのを自分でも不思議に思う。ワクチン接種ずみで、2回目接種から4ヶ月たったら3回目を打つ予定だからだろうか。電車の中ではレポート(題:普通選挙で選ばれる大統領)のためにノートを見返したり本を読んでメモを作ったりして過ごす。

渡仏17週目の覚書 初雪

渡仏17週目 12月6〜12日

相変わらず寒い日が続き、レポートを書きテスト勉強をしている。木曜にレポートほぼ書き終わる。日本にいる時からフランス語のオンライン授業をお願いしていたアンサンブル・アン・フランセの先生にフランス語のチェックをお願いしようとスケジュールを確認すると、木曜25時から一枠空いていたので予約。フランス語のチェックなんてフランス人の友達に頼めばいいと思っていたけど、ある程度の教育レベルが必要になるし、大学の友達はレポートや試験準備で忙しい季節で頼みづらい。だから対価を払って時間をとってもらうのが気楽で良い。そのあと朝4時まで起きていたら初雪。

f:id:mukago3:20211214204503j:image南フランスで雪が降るなんて聞いてない!

f:id:mukago3:20211214204512j:image金土日と3日連続で同じカフェに行っていたらお店の人が「おはよう、元気?」と声をかけてくれるようになった。最初はMadame呼びだったのが、学校名の入ったパーカーを着て行ってからはmadomoiselle呼びになった。渡仏5ヶ月目にして第3の居場所ができた。しかし毎朝パンオショコラは重い。